「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

アイデアを引き出す「オズボーンのチェックリスト」

 

どこの企業もイノベーションを掲げる昨今ですが、革新的といわれる製品やサービスであっても良く考えてみると既存のモノの組み合わせであることが多いと思います。

実は本当に新しいものというのはそうそうあるモノではなく、ほとんどは既存の組み合わせであることをまず念頭に置きましょう。(決してパクリではないのです)

つまりアイデアはゼロから創造するのではなく、「見つけ出す」のが正しいのです。

そんな観点でアイデアを出すのに非常に有効なオズボーンのチェックリストを紹介します。

 

オズボーンのチェックリスト

オズボーンのチェックリストは下記の9つの質問から構成されています。

質問自体は単純ですがこれらを組み合わせることでアイデアの可能性は無限にあります。

①転用できるか?

そのままで新しい使い道はないか?

 

②応用できるか?

他に似たものからアイデアを拝借したりマネできないか?

 

③変更できないか?

色、意味、臭い、動作、形状などを変えられないか?

 

④拡大できないか?

大きく、長く、幅を広く、回数を多く、時間を延長できないか?

 

⑤縮小できないか?

小さく、短く、狭く、回数を少なく、時間を短縮できないか?

 

⑥代用できないか?

代わりとなる他のヒトやモノはないか?

 

⑦置換できないか?

要素や順番、表現を入れ替えられないか?

 

⑧逆転できないか?

位置や役割を逆にできないか?

 

⑨結合できないか?

合体、混合できないか?

 

ポイント

オズボーンのチェックリストは質問形式ですので、それぞれの問いかけに対して対話するように答えていきましょう。実際に誰かに協力してもらい会話するのも良いでしょう。全ての質問に答えるよううんうん唸るのも良いですし、出てこないのはパスして進めていっても良いです。

最初は練習で最近はやり始めたものをオズボーンのチェックリストから逆算してみるのも面白いです。どういったプロセスでアイデアが構築されたのかを測り知る一つの手段となります。

アイデアを自分の頭だけで生み出すと思っていると中々難しそうですが、世にあるモノを組み合わせるだけと考えれば少し気が楽になりませんか?

ただしオズボーンのチェックリストを誰がやってもたくさんアイデアが出てくるということはないです。組み合わせるにしても世の中のモノ・コトをどれだけ頭の引き出しに入れられているかがアウトプットの質や量に大きく影響してきます。

常日頃から好奇心を持って情報に対してアンテナを張っていることが大切です。