「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

エレベータートークのススメ(メリットと話し方について)

エレベータートークとは?

 

エレベータートークとは、エレベータに居合わせている数十秒の間に、上司や目上の人に自分のアイデアや提案・報告事項を簡潔に伝えることを言います。

 

元々は、シリコンバレーで起業家らが、投資家に自分の事業のアイデアを売り込むために、エレベータに乗っている短時間でアイデアを伝えていたことに由来しています。

 

エレベータートークのメリット

 

エレベータに乗っている時間は、移動時間のため比較的話を聞いてもらいやすいという点が挙げられるでしょう。

 

職場のフロアで上司が作業中に話しかけると、上司の仕事が一旦ストップするなどのデメリットがありますが、エレベーター上ではその心配がありません

 

話し方について

 

短時間での会話となることが想定されるため、「結論から先に述べる」等の話し方が代表的です。

 

エレベーターでの時間は非常に短いため、結論が伝わらないまま途中で降りることを防ぐためです。

 

また、クライアントや投資家に対してエレベータートークを行う際は

 

1、自分の肩書きや商品・事業名

2、メリットやデメリット

3、他との違い

4、根拠

5、締め言葉

 

などの順序で進めるといいでしょう。

 

特に2番のメリットやデメリットは相手にとっての一番の判断材料となる部分なのでなるべく早くお伝えしましょう。

その上で、3番の同業他社との違いを伝えられると尚いいです。

 

戦略的なエレベータートークについて

 

社会には、事前にエレベータートークの内容を作っておき、ターゲットがエレベーターで移動する際を見計らって話をするといった人もいます。

 

何もエレベーターに限らず相手の移動中や、一息ついてる間でもいいのです。

皆さんもチャンスを虎視眈々と狙っていきましょう。

 

本来では気軽に話せない人へ自分をアピールするチャンスですもんね。