「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

頭が良くなる12の方法を全て実践する1日の過ごし方

今日は頭が良くなるという方法 を全て実践する1日のスケジュールを紹介致します。
こんなストイックな1日をあなたも過ごしてみてはいかがでしょうか笑

 

6:00 早起きで1日の好スタートを

・ランニング
朝の運動は脳の回転が速くなり効率も良くなります。
走ることで「脳の最高司令塔」ともいわれる前頭前野を活性化させましょう。

 

・活字を読む
「脳に起きるきっかけを与える」という方法が有効であり、ですから新聞やパソコンでニュースを読んだり活字を視覚に入れましょう

 

7:00 朝食をとろう

・魚を食べる
オメガ-3系脂肪酸を摂取しましょう、認知力低下を遅らせる効果があります
また、牛乳、大豆、納豆も一緒に摂取をして脳内の神経伝達物質の合成を活発化しましょう。

 

・よく噛む
ガムを噛む前に比べ噛んだ後の正答率(記憶獲得の効果)は15%以上アップとも言われています。

 

8:00 通勤・通学しよう

・勝負着をきよう
本人が「これは頭のいい勝ち組が着る服だよな」と思ってる服を着ることで自己暗示をかけます。

 

・ボケッと他のことも考える
全然別のことに頭がいっちゃう人は「作業記憶容量(working memory capacity)」(長期作業中の情報を一時保存する容量)がずっと大きいのです。

 

9:00-18:00 作業スタート(勉強・仕事)

・ブツブツ繰り返し唱えながら作業しよう
歩いている時は考えをブツブツ繰り返し唱えましょう笑
黙ってやるより作業効率が上がります。

 

・間食はナッツで
ナッツ類をおやつに食べ血中グルコース濃度を1日中一定に保ちましょう

 

18:00 帰宅後の過ごし方

・感動しよう
映画や面白い動画を見たり、興味のある文献や本を読みましょう。
新しい知識に触れて素直に「すごいな」と感動することでA10神経群の「尾状核」を鍛え、判断力と理解力が高めることができます。

 

・脳トレをしてみよう
Nバック(N-back)という脳トレがオススメです。
これを1日20分20日間続けるだけで流動性知性が上がるようです。

 

22:00 睡眠をする

・夜はカフェインは控える
コーヒー、紅茶などは夜は控えましょう。睡眠で脳を休めましょう。
寝室の家具も安眠を考えて整え直すことも重要と言われています。

 

・リラックス音楽を聴きながら寝よう
音楽などを聴いて気分がスカッとするのは脳がリラックスしている証拠です。
睡眠開始時に、その波に同調する音楽を聴いていると睡眠の質を高まり、脳の記憶力が良くなります。