「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

子供を天才に育てる方法についてまとめてみた

子供は生まれもった資質だけでなく、環境や育て方によって才能を伸ばすことができます。

私の友人に絶対に人見知りをしない友人がいますが、彼女は自分がそのように育てられた為、人見知りをしないようになったと言います。

 

具体的には教育方針で、人混みの中に積極的に連れて行かれたとのこと。

 

今回は子供の才能を伸ばし、天才児として成長させる方法を簡単にご紹介します。

 

 

脳と五感を鍛える

 

カナダには天才児を政府として認める制度がありますが。

そのギフテッド(天才児)という制度にて認められた日本人が大川 翔さん(現在17歳)です。

 

翔さんのご両親は、「いかに脳と五感を鍛えるか?」に真剣に取り組んでいたと言います。

五感を鍛える為にピアノを3歳から、空手を5歳から始めました。

また、家族で図書館や博物館、動物園や水族館によく足を運んだそうです。

やはり幼い頃からいろいろなことを経験することは大事なのですね。

ここで、特に大事なのが一次体験と呼ばれるものです。

 

例えば、この動物は絵で見て知っているではなく、実際に生で見ることが1次体験となります。

1次体験をした後に2次3次体験をするか、それとも1次体験がない中で文字や画像などで2次3次体験をするかでは理解の深さや好奇心の度合いが全く変わってきます。

 

映像や画像でのインプットが発達している現代において、これは子育てをする上で気をつけないといけませんね。

 

 

語りかけを大事にする

そして、両親は当時2歳の翔さんに対して、大人に話しかけるような日本語で話し続けたとのこと。

 

その為翔さんは2歳にして片言ではなく、8~9語で話せるようになっていました。

 

この取り組みは非常に大事で、赤ちゃんを「人」として扱うことで脳の発達を促進することができると言われています。

赤ちゃんでも脳自体は活発に活動しているのでそれの促進を妨げてはいけないんですね。

 

 

また、子供の性格は親の言葉でできている。と言われるように語りかける内容も大事です。

子供から質問されても。すぐに答えだけを与えずに、うまく考えさせることも大事ですね。