「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

起業や副業経験が企業社員のスキルとして必要な理由

大手企業が副業の解禁を行っているのは、社会人であれば一度は耳にしたことがあると思いますが

この副業や企業の経験は、本業のサラリーマンとしての仕事の中でどう生かすことができるのか。

 

今回は企業や副業が、脳や思考に与える影響を中心に説明していきたいと思います。

 

 

起業家マインドが身につく事

 

新人社員が会社に求められているものって何でしょうか。

大体の職場では、明るさであったり仕事を学んで行こうとするひたむきな姿勢であったり、だと思います。

 

それでは役職者以上の社員が会社に求められているものは何でしょうか?

 

それは、グループ全体のバリューを最大化する事ではないでしょうか。

部長や役員、課長であっても役職者は下の社員がいる存在です。

 

自分自身の個人の能力を最大化して、自身の結果を出すだけではなく

周りを含めたグループ、そしてそれよりも大きい会社という組織全体のバリューを最大化する事を求められています。

これは、社長・会長になるまで同じ任務を与えられるわけです。

 

こうした時に生きてくるのが、起業家精神です。

副業や起業経験で自身の事業を持って行動する事で、もっと広い視野で会社やグループでのバリューの最大化をする方法を考え出す癖がつくのです。

 

 

リスクへの対応力が身につく

 

起業をすると、自身の仕事にとんだ災難が降りかかってくる事があります。

 

会社にいると非常事態の対処は、上位の人間。

などと逃げ場のある環境に置かれる事も多いのではないでしょうか。

 

しかし、起業家は自身でこの問題に真正面から向き合わないといけません。

また、こうして降りかかった問題を乗り越えていく事で、今後そのようなリスクをどう回避していくかを考える想像力も鍛えられます。

 

 

イノベーションを起こす姿勢が身につく

 

会社に入って、ふと思いついたアイデア。

でもなかなか実現できない事が多いのではないでしょうか。

 

それは会社の制度に問題があるせいかもしれません。

日本の会社では、部下のアイデアは上司へ報告を経て、部長への報告を経て、その後役員。

 

など、いろいろな人への報告義務がある場合が多々あります。

大企業のリソースを利用して大きな事業を作り上げるのは確かに魅力的ですが、その前に度重なる報告義務にうんざりとなってしまう場合も多いはずです。

 

しかし、起業や副業はある意味自己判断で物事を推進できる場合が多いです。

そうしたリラックスできる環境でこそ、本当に面白い・人のためになるアイデアが生まれるのです。

 

そこで、企業のリソースを使いたい場合は社内起業をする事になる場合もあります。

これは企業と個人のWINWINな関係ですよね。

副業を解禁するとこういったメリットが生まれる場合もあるのです。