「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

ビジネスに活かせる色が脳に与える影響

 

色彩心理学という分野があるように色が脳に影響を与えることが知られています。

色のパワーを把握してビジネスに活かしていきましょう

 


赤は可視光の中で最も長い波長を持っており、危険や不安を連想させる色で興奮や刺激を与えます。

プレゼンなどで自分を目立たせたいときには、ネクタイなどの小物に赤を入れることをおススメします。ただし、友好的な交渉などでは控えたほうがよさそうです。

 

オレンジ

オレンジは温かみや陽気さの印象を与えます。部屋の色をオレンジにすると室温を高く感じるといった実験結果も出ているようです。
赤と同様に危険を連想させてしまう場合もありますが、そこまで差し迫った印象を与えることはなく、緊急性の低い信号などでオレンジが使われているのもそのためです。

ビジネス的にはオレンジはお買い得(=コスパが良い)を連想させるため、その意味合いを伝えたい資料などで意図的にオレンジを入れこむと良いでしょう。

 

黄色

黄色は明るさや希望、幸福などを連想させる色です。ただし、色の中で最も明度が高く目立ちやすいのでビジネスシーンでは、差し色的に使うのがベターです。

事業計画などで希望的展望を伝えたいときには意識して使うことをおススメします。

 


緑や安らぎや安心を連想させリラックス効果があります。非常口のランプが緑色なのも、非常時に避難者を落ち着かせるためです。

顧客との親交を深めたいときなどに意識して使うと良いといわれているようです。
また、自然を連想させることから創造性を高める効果もあるようで、オフィスに一つ緑を基調としたミーティングスペースがあるとブレストなどで活用できます。

 


冷静沈着や論理的なイメージを与え、血圧や脈拍を下げる効果があります。手術着が青っぽいのも患者の不安を低減させるためです。

ロジカルに相手を説得したい資料では青系の色を活用すると良いでしょう。
集中力向上の効果も確認されているため、パソコンのデスクトップなどに青を使うと良いです。

 


対極にある赤と青を混ぜた色のため、効果も複雑です。相手に与える印象にばらつきがあるのであまりビジネスの場では使わない方が◎。
ファッション性やデザイン性の高さをアピールしたいときには効果的です。男性よりも女性に好まれる色のようです。

 


攻撃性がないことを伝える白ですが、男性を魅力的に見せる効果があることが知られています。(ビジネスシャツが白なのもこれに関係しているかもしれません。)

 


女性をより魅力的に見せる効果があるようです。

また、高級感を与えるイメージのため同様の製品でも人が多くお金を支払うことが知られています。

 

戦略的色使いで回りと差をつけちゃいましょう!