「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

交互浴で脳をリフレッシュ~そうだ、銭湯に行こう~

 

交互浴ってご存知でしょうか?

交互浴とは熱いお湯と冷たい水を交互に浴びるor浸かる入浴法です。
今回は交互浴による脳のリフレッシュについて紹介します。

※効果が大きい反面、体への負担も大きいので、高血圧や心臓・循環器疾患などの持病をお持ちの方や体調の優れないときには交互浴は控えて下さい。

 

交互浴の方法

・熱めのお湯で額に汗がにじむ程度まで体を温める(サウナでもOKです)
・手足から浸けて、ゆっくりと水風呂に浸かる(慣れない方は10秒程度から始めましょう)
・上記のセットを3回程度繰り返す
・最後は必ず水風呂で入浴を終える

水風呂に慣れていないと最初は驚くかもしれませんが、慣れてくると水風呂に入るために温まるといっても過言でないほど、その感覚に病みつきになりますよ。(温度差の目安は30℃程度です)
最後、水風呂で終えることで、入浴後の発汗が抑えられ、毛穴も締まるので湯冷めを防ぐことができます。

自宅でも水風呂の代わりに冷たいシャワーを浴びることで、交互浴は可能です。

 

交互浴の効果

温かいお湯と冷たい水で体を交互に温めたり冷やしたりすることで、交感神経(血圧や脈拍が上がる)と副交感神経(リラックスする)が切り替えられるため自律神経を整えることができ、血流も良くなります

運動する機会が少なく、一日中エアコン環境にいる現代人は自律神経が乱れがちですが、意図的に交感神経と副交感神経を切り替えることで、切り替えのリハビリが行われるのです。

疲労回復やストレス解消、冷え症解消、免疫力向上など様々な効果があると言われています。

 

脳への影響

筆者も交互浴をするために銭湯に行くのですが、仕事の疲れで頭がぐったりしていても交互浴をすると霧が晴れるように脳がリフレッシュされ、すっきりした状態になります。また、血行が良くなり脳にも酸素が運ばれている感覚があります。

ただ、体は負担を強いられ、体は少しぐったりした状態になりますので、そこからバリバリ働こうという感じにはならないので、交互浴の後はそのまま眠りにつくことが多いです。睡眠の質が高まり、翌日の脳のコンディションが良くなっていると感じます。

交互浴はオンオフの切り替えが苦手な方には特におススメです。自律神経の調整で根本的にリフレッシュしてしまいましょう!