「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

脳の欲求に基づいたモチベーション維持の方法

 

スキルアップのため、受験のためと明確に自分にメリットのあるゴールがあるにもかかわらず、モチベーションが維持できないのが人間です。

しかし、脳の欲求を知ることで無理なくモチベーションを維持することが可能なのです。実は世の中で成功しているようなサービスでは既に幅広く取り入れられているので聞いておいて損はないですよ!

 

快感⇔モチベーション

まず、快感こそがモチベーションの源泉であることを知っておきましょう。本能的な話になるのですが、人間に限らず生物は「生存率や繁殖率の高まるようなことに快感を感じる」ようにできています。三大欲求である「食欲、睡眠欲、性欲」はこれの最たる例です。つまり快感の得られることは続けやすい(=モチベーションを維持しやすい)のです

 

マズローの欲求段階説

では、様々な欲求が全て横並びなのかというとそうではないです。代表的な学説はマズローの欲求段階説です。

マズローは欲求はピラミッド構造の5段階に分けられ、低次の欲求が満たされると高次の欲求が強くなると説いています。
・第一階層:生理的欲求(生命維持のために必要な欲求。飲食、睡眠、排せつなど)
・第二階層:安全欲求(安心安全な暮らしができること)
・第三階層:社会的欲求(家族、仲間、組織など集団から受け入れられること)
・第四階層:承認欲求(他社から認めらること)
・第五階層:自己実現欲求(自分の能力を具現化させること)

今の日本では、第二/第三階層までは多くの場合満たされていることが多いため、少し悪い言い方をすればいかに第四/第五階層の欲求を満たすことを餌にモチベーションを上げられるかを考えることが必要となります。

 

マレーの欲求理論

マズローと大きな概念的には同じなのですが、より日常の生活に落とし込みやすいのがマレーの欲求理論です。
マレーの欲求理論では、人間の欲求がリストとして提示されているので、これらをいかに絡められるかがモチベーション維持のポイントとなります。主な欲求リストを下記に挙げます。

・獲得:財物を得ようとする欲求。
・保存:財物を収集し、修理し、補完する欲求。
・秩序:整理整頓、系統化、片付けを行う欲求。
・保持:財物を持ち続ける、貯蔵する、消費を最小化する欲求。
・構成:組織化し、構築する欲求。
・優越:優位に立つ欲求。達成と承認の合成。
・達成:困難を効果的・効率的・速やかに成し遂げる欲求。
・承認:賞賛されたい、尊敬を得たい、社会的に認められたい欲求。
・顕示:自己演出・扇動を行う、はらはらさせる欲求。
・防衛:非難・軽視から自己を守る、また自己正当化を行う欲求。
・反発:二度目の困難に対して再び努力し、克服・報復する欲求。
・非難の回避:処罰・非難を恐れて法・規範に進んで従う欲求。
・救援:他人に同情を求め、依存する欲求。
・遊戯:娯楽などで楽しみ、緊張を解す欲求。
・求知:好奇心を満たす欲求。
・解明:事柄を解釈・説明・講釈する欲求。

例えば最近世界的ブームとなったポケモンGOの場合は、
ポケモンを「獲得」して、捕まえたポケモンを「保存」「維持」し、捕まえた数により「達成」を感じ、それをSNSなどで自慢することで「優越」を感じるなど、様々なポイントで欲求を満たすように設計されています。
これは様々なソーシャルゲームに当てはまることで、逆を言えばこれらを活用すればゲーム感覚で勉強や仕事をこなせるようになるわけです。

今日から欲求という観点でモチベーションについて考えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。