「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

頭の良いサラリーマンのコミュニケーション術

 

ビジネスで間違いなく重要な事の一つに「コミュニケーション術」があります。

 

コミュニケーションについては幅が広い為、一概にお話しできるものではありませんが、今回は「意識するだけで変わる、ビジネスで使えるコミュニケーション術」をテーマにポイントを紹介したいと思います。

 

あなたもこれを活用して、頭のいい人のコミュニケーション術を身につけましょう。

 

 

ポイントは3つに絞る

 

意見の根拠・理由を話すときは3つに絞って話をしましょう。

1つや2つの場合は、根拠にかける印象を持たれることもあります。

4つ以上となると何を伝えたいのか相手の頭で理解させ辛かったり、話が長くなったり何が重要なのか結局わからなかったりするので、説明の際のポイントは3つがちょうどいいのです。

 

 

まず全体像から説明する

 

依頼する作業の内容だけを伝えたり、実施したいアクションだけを伝えるのでは相手にとっては不明点が多く理解がされづらいです。

時には要らぬ勘違いを招く場合まであります。

 

まずは全体像を伝えてから、依頼する内容や説明の詳細を伝えていきましょう。

すでに相手が全体像を把握している場合は、短めで伝えましょう。

 

 

メールに残す

 

人間誰だって忘れてしまうもの。

多くのプロジェクトを同時進行で抱える中で、すべてのことを記憶するのは不可能です。

 

その為、口頭や会議の場で話した内容をその後にメールとして依頼や伝えたい内容を送るのは効果的です。

 

まずメールでもう一度見られることで2回目の登場となるので記憶されやすいですし、「言った」「言わない」のくだらない議論を防止することができます。

 

 

曖昧な表現を避ける

 

早めにお願いします。

若干参加者が増えそうです。

 

など、プライベートではOKな曖昧な表現もビジネスではNGな場合があります。できるだけ数字を使って具体的な表現をしましょう。

 

また、よく使われる。

「ご確認のほどよろしくお願いいたします。」

 

なども、

できれば何を確認してもらいたいのか明記しましょう。

 

「本内容で決定して良いでしょうか。また、補足する点がないかご確認下さい。」

 

こういった内容であるほうが受け取った側もスムーズに次のアクションに移れるはずです。

 

 

たまには飲むのも大事

 

仕事の仲間とたまには飲むのも大事です。

その会社で数十年勤めようと思っているのであれば、全体の集まりなどには是非顔を出すべきでしょう。

その場で何をするわけでなくとも、

あの人はこの時いた。といった事実が意外とその後のコミュニケーションに効いてくるものなのです。

 

オフィシャルの健全な会であれば是非参加するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。