「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

自分まとめノートで勉強効率をアップ

 

ノートの取り方は十人十色ですが、筆者の経験則から東大生で多いのが自分専用のまとめノートを作っている人(筆者自身もその一人でした)。

授業中に取るのとは別に自分独自のまとめノートを作成することで結果として効率的な受験(orテスト)勉強が可能となります。

 

まとめノートの作り方

一口にまとめノートといっても決まった形式があるわけではなく、見栄えはお好みで良いと思います。
大事なのは「授業の内容を理解して、自分の中で消化し、ノートとしてアウトプットする」一連の作業です。

筆者の場合はまとめノートを作る際に、「黒板の内容+口頭の説明で重要だと思ったところ+関連する教科書、参考書の内容+理解が難しい箇所への補足説明」の要素で作成していました。

 

授業中は理解に徹する

また、どうせまとめノートをきれいに作成するので、授業中に取るノートはメモレベルで構いません。むしろ授業中は理解することに集中するべきです。理解のポイントとなるような口頭での発言もメモで残すように心がけましょう。
最悪なのは授業ノートをきれいに写すことばかりに気が行って、肝心の中身をほとんど理解できていないようなパターンです。

 

まとめノートのメリット

まとめるという作業は内容の理解が前提となります。(逆に中々まとめられないような場合には内容が腹落ちしていないことが多いので、まずは納得できるように考えたり質問したりすべきです。)

一度理解した内容をまとめノートとしてアウトプットすることで、理解が深まり忘れにくくなります
これは、ほかの人に勉強を教えてあげると教えてあげた側の理解も深まるのと非常に似ています。
インプットして内容を近いうちにアウトプットまでもっていくことで脳がその情報の重要性を認識するのです。

 

また、自分のまとめノートには自分の思考の癖などが反映されるため、後から見返すときに先生が書いた黒板や他人の書いた教科書よりも頭に入ってきやすいのです。

まとめノートに教科書や参考書の内容も盛り込んでおくと、勉強の対象が一つに絞られるため、効率性が上がるといったメリットもあります。

 

確かにまとめノートを作るのにはある程度時間がかかりますが、長いスパンで考えたときには非常に効率的かつ強力な勉強ツールとなります。

もちろんすべての教科でまとめノートを作るのは大変ですし、必ずしもまとめノートがそぐわない教科も存在します。科目の優先順位や求められるレベルと照らし合わせて、取捨選択しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。