「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

ビジネスで即断するための3つの方法

 

ビジネスは毎日が変化の連続です。
そうした中で即断を行わないと機会費用を失ったり、仕事が遅れたりします。

今回はそんな仕事で大事は「即断」を鍛えるための3つの方法を紹介します。

70点以上の答えなら、すぐ動くべし

ビジネスの世界で100点はありませんし、相手がいる競争で必ず勝てる方法はありません。

ビジネスでスポーツマンが重宝される理由はここにあると筆者は考えており、スポーツは相手がある中でプレー中に即時の判断が試されます。

話が少しずれましたが、決断の時に100点の方法を考え続けるのはトータルで損をすることがあります。
即断していれば、70点の回答でもその後に即断することができたおかげで発生する時間でもっと良いものにできるかもしれません。
決めるのに時間をかけるのではなく、結果をよくすることに時間をかけましょう。

判断の基準を明確にする

決断に時間がかかってしまう理由の一つに、判断の基準が曖昧になっていることが多々あると思います。

まず、一番大事にすることは何かという、決断の基準を決めましょう。
会社は何を目指しているのか、顧客の要望は何なのか。

一番大事にすることや、数字の基準(こちらの言い値の70パーセント以上であればYesと答えよう)
などと事前に判断の要素を明確にしておきましょう。

点数化をする

A案とB案を比較するために時間がかかっているとしましょう。
そうした時は点数化をして、比較しましょう。

例えば、とあるサービスの社内導入の判断要素は
価格・時間・サポート・導入時期だとします。

これらそれぞれの重要度にまず点数をつけます。
5点 価格
3点 時間
2点 サポート
4点 導入時期

この場合、5点の価格が一番重要なファクターということがわかりますね。

その後、AとBで点数をつけて比較しましょう。
また重要度の点数と、ABに付けた点数を掛けることで重要度の内容を反映させることができます。
それで合計点が高い方を採用するといったような内容です。
簡単にできる方法なので、少しでも悩んだら紙にさらっと書いて比較してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。