「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

仕事でトラブルを予防・対処する3つのテクニック

 

仕事で一定期間以上働いていると、必ず起こるのがトラブルです。

一度発生すると関係部署のワーカー達の時間が取られ、時には会社が金銭的に大きな損害を被ることもあります。

誰もが経験するトラブルですが、トラブルを事前に予防し、発生後もスムーズに対処することができれば全体的な仕事を早く済ますことができます。トラブルの予防対処は仕事が早い人の必須事項なのです。

 

今回は、そんなトラブルの発生について効果的な3つのテクニックを紹介します。

ミスが起こる部分を抑えている

ミスが起こるポイントはどんな仕事でもある程度決まっています。
多いのが下記の3つです。
①納期のミス
②連絡のミス
③数字のミス

これらのミスによって起きるものが大半なので、これら3つのポイントはきちんとチェックすることを癖にしましょう。
①は仕事の納期設定が甘く、万が一の想定がされていないミス等があります。結果、多くの部署を巻き込んだトラブルを発生されることになりかねないので注意しましょう。
②は連絡ミスです、担当者がうっかり請求書を送り忘れた、などです、チェックリストを作成するなどの工夫が必要です。
③は数字ミス、1桁違った、cmとインチの表示を間違えた。などです。これらは声出しや指差し確認などで対処しましょう。

 

もしトラブルが起きた時の影響規模を想定する

トラブルが発生した際に、具体的にどんな損害が発生するか想定しておくことが大事です。

自社と相手先の損失だけでなく、上司の出世や今後の取引の停止などに至ることもあります。
こうした金銭的な問題や精神的な負担を事前に想定することで、慎重になるべきタスクとそうでない部分を把握することができますし、
いざそういうこととなってしまった時に精神的な負荷が軽減されます。

先手先手で処理をする

もしトラブルが起きた場合、初期対応の早さが重要です。
後手後手に動くと、問題が大きくなったり、のちに不誠実な対応として浮き彫りとなり批判が大きくなります。
即座に代替案や対応策の提示と実施が必要です。
どんなミスでも、重く受けとめすぎて隠したり、嘘をつくのは良くないでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。