「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

仕事に対する不安をクリアにする3つの方法

 

今日は仕事に行きたくない。
生活になんとなく漠然とした不安がつきまとう。

 

こんな経験はありませんか?

今回は仕事に対する不安をクリアにする方法を紹介します。
どれも、紙とペンがあればどこでもできる方法ですので、ぜひ実践してみてください。

書き殴り法

これはかなりシンプルな不安の解消方法です。

不安を解消できないことの一つに不安を言語化できていないから、という理由があります。
「言葉」で説明ができないからモヤモヤした不安や心配が、モヤモヤしたまんまなのです。

実際、この不安を「言葉」に変えることで解消できる効果は、
心理学で実証されていて”カタルシス効果”と呼ばれます。

やり方は簡単です、
思うままに不安に対する言葉を5分間書きなぐってください。
気持ちを爆発させていいです、とにかく思ったことを書きなぐる。

これだけでいいのです、5分後、思考は書きなぐる前より整理されているはずです。
書き終えた紙はできたらシュレッダーにかけたり、ビリビリに破って捨てましょう。
心をリセットしましょう。

原因結果分析法

この方法は少し頭を使いますが、より深く不安の原因を分析できます。

まず、紙に解決したい不安や問題を書きます。
そしてそのあとすぐ一行下に原因の仮説を書くのです。

あとは、その原因に対する仮説に対して、起きている理由をひたすら、
「それはなぜ?」⇨「だから何?」⇨なぜ?なぜ?
とそれぞれに対する理由を掘り下げる方法です。

そして最後に導いた不安の理由の解決策を策定し、不安の解決方法を探します。

 

自己アドバイス法

この方法は紙やノートの真ん中に線を引き、2分割にして使う方法です。

左に自分の気になる不安を書きます。
1つでも複数でもOKです。

そして右に自分が考えたアドバイスを書くのです。
左の自分に対して、第三者になった気持ちでアドバイスをするのです。

この時に大事なのは、右のアドバイザーの自分はポジティブであることです。
左の悩んでいる自分に赤の他人になった気分でポジティブにアドバイスをしてあげましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。