「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

東大に入学し卒業することのメリット

 

1種のブランドでもある「東大卒」の肩書ですが、実際に手に入れるメリットはあるのでしょうか?

 

現役で東大合格した筆者の経験に即してメリットを考察してみようと思います。

(以下、必ずしも東大に限った話ではないですが、悪しからず。。)

受験生の方は勉強のモチベーションにしていただければ幸いです!

 

学歴がどうでもよくなる(と言える)

 

正直筆者は学歴なんてある意味どうでも良いと思っているのですが、東大の肩書を手に入れることにより、心から「学歴なんてどうでも良い」と思えるよう/言えるようになりました。

 

言い方は悪いですが、自分がレベルの低い大学に入っていたとしたら、仮に同じことを思っていたとしても、どこかで僻んでいるだけではないかとの疑念が残ってしまうかもしれません。

 

それは同時に、例えば就活などで失敗したときに学歴のせいにはできないことの裏返しであり、言い訳ができないことは自己研鑽の動機となります。

 

「努力→結果」の成功体験

 

明確な目標に向かって努力して、その結果を「合格」という分かりやすい成果で手にする成功体験は自己肯定につながります。

 

実際、東大に入って驚いたのは、頭の良い人が多いことではなく、「誰しもが当たり前のように努力できること」でした。

良く言われることですが、東大受験は科目数が多いため才能に関係なく一定以上の努力量が求められることが、その背景でしょう。

 

東大合格という成功体験は、次に別の目標に向かって努力をするための強力なモチベーションとなります。

 

希少価値を生みやすくなる

 

筆者は常に人間の価値は相対的であり、どうすればその集団の中で自分は希少価値を獲得することができるかを考るべきだと考えています

 

一つの方法は自分の属性が希少である集団を選択して飛び込むことです。

そして「東大生」や「東大卒」の肩書は希少価値に変換されやすいです(官僚や商社などの世界はまた別ですが)。

 

チャンスの回数が多くなる

 

「東大卒」のハードルが高くそれを超えるのが難しいといわれることもありますが、筆者は「東大卒」の肩書はプラスに働くことの方が多いと考えます。

初対面でもとりあえず話を聞いてもらえたり、周りから人やイベントなどを紹介してもらうことが圧倒的に多いです。

 

これは大企業の営業がとりあえず話を聞いてもらえるのと似ており、打席に立てる回数が増えることは間違いなく人生にプラスになります

 

以上、そんなに頭が良くないものの何とか東大に入り、今は社会人3年目の筆者が今思うことでした。

繰り返しですが、本質的には学歴なんてどうでも良く、「頭が良い人」になることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。