「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

記憶力アップに効果的な食べ物

記憶力に効果のある栄養素

 

「ルテイン」はホウレンソウなどに含まれる抗酸化物質の一種。酸化による有害物質の排除をしてくれます。

「オメガ3脂肪酸」「DHA・EPA」は脳の機能を高め、加齢に伴って進行する記憶力の減退を防いでくれます。

「αリノレン酸」は脳へ酸素を送り血流をよ良くします。

「カフェイン」は脳の記憶を司る海馬を刺激することで記憶力を向上させます。

「ブドウ糖」は脳のエネルギーとなります。

 

ざっと挙げただけでもこんなに脳に良い栄養素があります。

 

 

なぜ記憶力に効果があるのか

 

ざっくり、脳に好影響を与える理由として下記に分けられます。

 

・脳の栄養素となる

・脳に酸素を送る

・脳の有害物質を排除する

 

栄養素それぞれの効能の仕方を理解すると

より期待に合った効果を得ることができます。

 

 

実際何を食べれば良いの

 

脳の栄養素という意味では、ぶどう糖をとることで脳へのガソリンを補給することができます。

コーヒーに含まれるカフェインは摂取後すぐに、海馬を刺激します。

また、クルミなどのナッツに含まれる「αリノレン酸」は脳への血流を良くします。

その為これらは比較的、即効性があると言って良いでしょう。

 

 

持続的な効果や、地頭の改善を狙う場合

青魚に含まれる「DHA・EPA」「オメガ3脂肪酸」を摂取すると良いでしょう。

 

また、最近の研究で「DHA・EPA」「オメガ3脂肪酸」は脳だけでなく心臓保護機能があることがわかり

なんと心筋梗塞や突然死の確率を大きく下げてくれるとのこと。様々な効果があるんですね。

 

 

記憶力は勉強や仕事をする際に、とても重要な役割を果たします。

皆さんも食生活の改善から、記憶力の向上を考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。