「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

頭の良い人は字が汚い!?は本当なのか

ここ数年で一躍有名となった予備校講師林修先生いわく「東大合格トップ層は字が汚く、2番手グループは字が綺麗」とのこと。今回は「本当に頭の良い人は字が汚いのか」という命題の真偽に迫っていきます。

 

筆者の体験談

 

実際に数年前まで東大に通っていた筆者にもこの実感はあります。

東大ではシケプリと呼ばれる試験対策プリントが体系的に掲載されたサイトがある(あった)程ノートを共有する文化が醸成されていたりするのですが

(数年前からこういう類のサイトの取り締まりに大学側も乗り出していたので今がどうかは知りません)

 

確かに東大の中でも頭が良いと一目置かれている人には字が汚い人が多い印象でした。

 

そして、何より教授に字が汚い人が多かったです笑(レジュメだけで字を書かないようにしている教授も多かったです)

 

そして筆者のような秀才(not天才)は、きれいにノートを取って満足するようなタイプが多い実感があります。

 

 

「字がきれい=善」は日本の教育システムが背景?

 

そもそも日本だと字がきれいなことは善とされていますが

欧米だとそうでもなく必ずしも模範的なきれいな字が評価されるわけではないようです。

 

この背景にあるのは日本の義務教育だと推測されます。

 

皆さんも小学校でひらがなから始まりカタカナ、漢字と学ぶ中でトメ・ハネ・ハライを細かく指導されませんでしたか?

 

習字の授業なんかがその典型ですが

いかに見本となっている字と近いものを書けるかが評価の基準となっており

 

秀才タイプはそんな価値観に合わせて字をきれいに書けるようにスキルを身に着けてきたと考えられます。

 

 

ナゼ、ずば抜けて頭が良い人は字が汚いのか?

 

「ずば抜けて頭が良い人=天才」は頭の回転に手が追い付いていないと考えることができます。

 

「筆記スピード>頭の回転」であれば、時間をかけて字を書くことができますが

「頭の回転>筆記スピード」は脳が手を待つ形となり、急かされた手は必然的に早く書くことに特化した字を書くようになるわけです。

 

また、字を書くという行為に対する認識も異なっていると考えられます。

 

天才の場合は筆記と思考のラグが少ないため、「筆記内容=思考」ですが

 

そうでない場合には筆記が限りなく記録に等しい役割を担っています。

記録ということは後に残ることを前提とするためきれいに残そうとするのだと思われます。

 

以上から「頭が良くなるために字を汚くする」という結論にたどり着く人はいないと思いますが、字をきれいに書こうとしたりノートをきれいに取ろうとするあまり、本質を見失っていることがないかを一度振り返ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。