「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

コーヒーと脳の関係 ~カフェインとの上手な付き合い方~

勉強や仕事の相棒としてコーヒーをよく飲む人も多いと思いますが、カフェインの効果をきちんと理解することでより脳を活性化することができます。

 

集中力アップ

コーヒーに含まれるカフェインは眠気などを誘発するアデノシンという物質の働きをブロックするため、覚醒度が上がり集中力が向上します。

 

脳の活性化

アデノシンには血管を広げる働きがあるのですが、カフェインの摂取により血管が収縮することで血流が良くなるため脳のエネルギー源であるブドウ糖や酸素が脳に届きやすくなり脳は活性化されます。

 

記憶力アップ

カフェインが長期記憶に良い影響を与えることをいくつかの論文が示しています。科学的なメカニズムの解明はされていないのですが、記憶をつかさどる海馬になにかしらの刺激を与えると予想されています。

 

コーヒーを飲むタイミング

普段のカフェイン摂取量にも依存するのですが、覚醒はカフェインの摂取から20分程度で始まり、6時間後になるとほとんど効果が消失します。このサイクルを踏まえてコーヒーを飲むタイミングを調節するのが理想的です。

 

例えば、コーヒーを飲んでから仮眠を20分程度取るとちょうど目覚めるころに覚醒が始まるため、眠気覚ましにはもってこいだと推奨されています。

 

コーヒーの飲み方

カフェインによる効果は厳密にはカフェインの量に比例するため、あまり間をあけずにコーヒーを飲んでいたいというような人はカフェイン量の少ないコーヒーを飲むことをおススメします。焙煎が深いコーヒー豆はカフェイン量が少なくなっている場合が多いです。

また、コーヒーの香りによっても類似の効果が期待できるため、ただ飲むだけではなく香りも意識的に吸引しながら飲むことをおススメします。

 

コーヒーを飲む量

基本的には脳に良い影響を与えるコーヒーですが、飲みすぎると耐性がついてしまったり、カフェイン中毒、カフェイン依存症などの恐れがあります。一般的には1日3~4杯程度に収めるのが良いとされています。また、カフェインとは関係ないですが、缶コーヒーなどには想像以上の白糖が入っていることが多いため、そちらもご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。