「あなたの脳」に一番必要な記事はこちら

ファッションと脳の意外な関係 ~ブレインファッション!?~

ファッションと脳のパフォーマンスの関係性という話題で最も代表的なエピソードは、アップル創業者のスティーブジョブズがムダな「決断」に使うエネルギーを省くために常に同じ服装をしていると発言しています。

 

同様に決断の数を極限まで減らすことを目的にフェイスブックのザッカーバーグや前アメリカ大統領のオバマ常に同じようなファッションをしているとのことです。

 

このように財界、政界のトップとも言える3人が「決断=脳のパフォーマンス」を上げるために毎日同じ服を着るという選択をしているわけですが、よくよく考えるとこの面々であれば専属のスタイリストが毎日異なる服を用意しても何の疑問もないと思いませんか?

 

彼らは「数々の重大な決断を下すために些末な決断を排除する」という宣言をファッションを通じ自らと外部に向けて発信し、結果として脳のパフォーマンスを上げることに成功していると考えることができます。

 

セルフイメージ(自分の持つ自分に対する印象)や自分以外の人間が自分に対して持つ印象をファッションによってコントロールすることで脳のパフォーマンスを改善することは誰にでも可能であるのではと考えます。

 

新しい靴を卸した日になんとなく気分が良いといったような体験は誰しもがしたことがあると思いますが、これを脳のパフォーマンス向上という観点で意図的に作り出すことができるはずです。

 

例えば大切な試験や交渉ごとのある日は熱意を表す赤系の服を着るなど、自分の中で決まり事を作ることで脳のモードを適切な状態に切り替えるなどちょっとした工夫でも効果があります。

(会社員でスーツ以外を着ることが難しいような人でもネクタイや靴下などの色や柄を決めておくことをおススメします)

 

また、そういった観点で服を選ぶようになると、1日の始まりにその日がどういう日であるかを考えるようになり無意識のうちに脳が目的に向けて準備をするためアウトプットの質が上がる効果も期待できます。

 

服は身体の一部ともいえるようなもので、脳に何かしらの影響を与えるということはそんなに不思議なことではありません。

 

名だたる経営者や政治家たちのように自分のユニフォームを決めるのでも、その日に合わせて着る服の色のルールを決めておくのでも、方法は人それぞれですが、無頓着であった人にはファッションをないがしろにせず脳のパフォーマンスとの相関を意識してみてほしいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。